産業廃棄物とは

一般廃棄物には分類されず廃棄物処理法で規定された廃棄物のことです。扱いや処理の方法に細かいルールが決められています。

埼玉県の産業廃棄物に関するQ&A

一般家庭ゴミと一緒に出しても良い

自治体が認めた場合は一般廃棄物をあわせて処理してもらえます。詳細は市区町村に問い合わせしてください。

事務所で使った机やロッカーの扱い

産業廃棄物になりますので許可された業者に委託します。自治体によっては粗大ごみとして扱えるケースもあります。

産業廃棄物の処理業者を知りたい

埼玉県のホームページの産業廃棄物業者の名簿が参考になります。もしくは埼玉県環境産業振興協会へ問い合わせます。

少ない量でも規定通り処理すべきか

少量の産業廃棄物であっても産業廃棄物の処理基準にしたがって処理しなければなりません。

複数のテナントが入っているケース

テナントの事業活動によって排出されたものは、各テナントが排出事業者となりますので注意。

法律に則ることが重要

産業廃棄物

事業で出た産業廃棄物は一般家庭ごみのように簡単に捨てることはできず、基本的には処理の専門家に任せる必要があります。そしてもし法律に違反するような処理を行うと、事業の存続自体が危ぶまれます。埼玉には数多くの産業廃棄物処理の専門家がありますが、まずは法律に則った処理ができるところに依頼しなければなりません。また中には特別管理産業廃棄物といって、毒を持っていたリ無闇に扱うと感染しかねないものもあります。それは産業廃棄物を取り扱う中でも、さらに厳しい基準を満たした専門家でなければ処理することができません。そのようなことを把握した上で、万が一にもトラブルに発展するような危険性がないところに依頼するようにしましょう。

処理の手間が省ける

産業廃棄物

埼玉で事業を行った際に出てしまった廃棄物は、原則的に産業廃棄物として処理しなければなりません。そして法律に違反しないように捨てるためには、正確な処理を行わなければなりません。産業廃棄物処理に関するルールは、埼玉内でも自治体によって異なることもあります。それらの作業を全て産業廃棄物を出す側が行おうとすると、知識を蓄えたり処理に必要な設備を用意しなければならないなど、非常に大変です。そこで専門家に依頼すると、費用を支払うだけで必要な手順は全て引き受けてくれるので、処理の専門家ではないところからの需要が大きいです。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中